初物さんま

鮮魚店の店先で「初物」「新物」のさんまを見かける季節になりました。結構なお値段のようですが、この時期のさんまを食べると良いことが2つあります。1つは『初物七十五日』、もう1つは「はらわた」です。

サンマ入荷

1.『初物七十五日』とは、旬に先がけて出回る初物を食べると七十五日寿命が延びるという昔からの言い伝えです。

2.「はらわた」を味わうなら初物がおすすめです。さんまのうろこは剥がれやすく、漁獲される際にそのほとんどが剥がれ落ちてしまいます。旬に先駆けて出回るさんまは「刺し網漁」で獲られています。この漁法で獲ったさんまは、一度に大量のさんまを獲る「棒受網漁」に比べて、自分のうろこをほとんど飲み込んでいません。そのため、はらわた本来の味を楽しむことができるのです。