むくり鮒(フナ)

むくり鮒むくり鮒とは、山形県内陸部の置賜地方に伝わる郷土料理です。背開きにした小鮒をパリパリになるなでじっくり素焼きにしてから油で揚げた後、甘辛いタレにからめて仕上げます。開いた小鮒の尾と頭をめくった姿が特徴です。

「めくる」ことを山形弁では「むくる」といいますが、これが名の由来とされています。開いて作ることが「開運」を連想させ縁起が良いとして、お祝いの席やお正月のおせち料理の一品として食べられてきました。

原料となるのは、体長10cm前後の小鮒。“むくる”作業は、男性の大きな手よりも女性の小さな手が向いているそうです。かつては冬場の貴重なタンパク源でしたが、今では調理できる人が少なくなってきました。

小さな1歳魚を使い、しっかり揚げてあるため、サクサクとした食感。生臭さはなく、頭から尾まで食べられます。赤湯温泉街のお土産屋さん等で売っています。