鯖なまりと山菜の煮物

鯖なまり節と山菜(うど)の煮物
材料:鯖なまり、うど、こんにゃく、醤油、酒、みりん、砂糖、水
見た目はイマイチですが、幼少期から食べ慣れた田舎料理。ご飯が進みます。 作り方はいたって簡単。斜め切りにしたうど、短冊切りのこんにゃく、ほぐして骨を取り除いた鯖なまりを調味料と水で煮るだけです。
鯖のなまり節
鯖をスモークしたもの、燻製です。手でほぐせますし、骨も簡単に取り除けます。生のままでも食べられますので、昔は田植え時の農繁期に重宝したそうです。
山菜のうど
ちなみに、「うどの大木」のうどは、この山菜のことなのです。食用とするうどは成長間もない頃(写真)ですが、放っておくと2m位まで成長します。茎もそれなりに太く立派になりますが、秋には枯れてしまいます。残念ながら木材としては使えません。そんな生態が語源のようです。



山形味彩HP
http://yamagata-ajisai.jp/